血管を丈夫にする方法

血管を丈夫にするには、まずは食生活に注意しましょう。丈夫にする方法をわかりやすく紹介しています。

血管を丈夫にする方法とは?

血管血管を丈夫にする方法としては、血を固まりにくくする働きや血管を丈夫にする成分を含む食品を食べることです。血管を丈夫にするのはビタミンEやビタミンCです。また、血液がドロドロ状態になると、血管が傷つきやすくなります。それを防ぐ方法としては、血中の悪玉コレステロールを減らしてくれるEPAやDHAを摂取することです。また、食物繊維、ビタミンCやβ―カロチンなどはコレステロールをきれいにしてくれる作用があります。また、ポリフェノールは血管のコレステロールの酸化を防ぎ、血管にコレステロールが沈着するのを抑えて血管を丈夫にしてくれます。これらの成分を積極的に摂ることが血管を丈夫にする方法です。さらに、補助的にサプリメントを活用したり、運動をして血行をよくしたり、喫煙を控えるなど生活習慣を見直すことが、血管を丈夫にする方法です。

▲ ページのトップへ

血管を丈夫にする食事の方法

青魚血液がきれいに流れていないと、血管が傷つきやすく、もろくなっていきます。血管を丈夫にする方法としては、血液をサラサラにするには食事が大切。その方法としては、EPAとDHAが豊富な青魚を食べることです。青魚には血管についた老廃物をきれいに流してくれる作用があり、血液中のコレステロールを下げてくれて、血管をきれいにしてくれます。逆に、血液をドロドロにして流れにくくさせる原因となる生クリームやバター、チーズなどの食べすぎは控えましょう。脂肪分の多い肉類も控え目にすることが血管を丈夫にする方法になります。また、チョコレートやケーキなどの甘いものの摂り過ぎも、血液をドロドロにする要因に。食べるときはほどほどにしましょう。

▲ ページのトップへ

運動で血管を丈夫にする方法

ジョギング老化は血管から始まると言われています。血管が丈夫であればさまざまな病気になりにくく、老化も遅らせることができるとさえ言われています。血管を丈夫にする方法は、食事に注意するともに、体を動かして新陳代謝を高めることも必要です。血管を丈夫にするためには、ジョギングやサイクリング、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。日常的に歩くということも、立派な運動です。無理をせず、体調に合わせて継続することが、体を丈夫にし、ひいては血管を丈夫にする方法です。

栄養補助食品・サプリの選び方

健康な血管を維持していくためには、バランスの良い食事、良質のたんぱく質やビタミンを摂っていくのがいいと頭で理解していても、日々の忙しさではなかなか実現できないのがつらいところです。

そんな時は市販されている栄養補助食品やサプリメントを活用するのもひとつの方法です。がんばりすぎて三日坊主ですぐあきらめてしまうよりはよほど賢い選択でしょう。

補助食品やサプリを選ぶコツですが、細胞の老化を阻止し、生成を促す成分が入っているかがポイントとなります。代表的なところでは抗酸化作用の強い「ポリフェノール」や「ビタミンE」、生成を促すとされる「核酸」「ビタミンC」「コラーゲン」などが配合されたものを選ぶと良いと思います。

HOME | 血管を丈夫にする方法 | 血管を丈夫にする食べ物・食品 | 血管を丈夫にするサプリメント | 血管を強くする食べ物・食品 | 血管を強くするには | 血管を太くする方法 | 血管を若返らせるには | 血管を柔らかくする食べ物 | 血管をきれいにする食べ物 | 血管に良い食べ物 | 血圧を下げる方法 | 高血圧を下げる方法

■□ 下の血圧下げるにはどうすべきかを提案!よろしければ参考にしてください。
⇒ [ 下の血圧下げる方法なら

ページのトップへ | リンク集 | プライバシーポリシー | リンクについて | サイトマップ | お問い合わせ |

Copyright (C) 血管を丈夫にする方法 All Rights Reserved.